コスメでよくノンシリコンって聞くけどシリコンオイルは肌に悪いの?

コスメでよくノンシリコンって聞くけどシリコンオイルは肌に悪いの?

 

コスメやシャンプーなどで、ノンシリコンが良くてシリコン(オイル)はよくないと聞いたりしませんか?

 

最近では、ノンシリコン系の商品が人気のようですが、本当にシリコンは肌に悪いのでしょうか

 

 

シリコンについては、いろいろと解釈があるようですが、もっと詳しく注目してみたいと思います。

 

 

シリコンオイルの説明

 

 

シリコンは、大まかに言うと化合物で、科学的に作られたものです。

 

体には全くと言っていいほど無害とされていて、かなり昔から使われてきました。

 

 

コスメなどで扱われる要素としては、化粧品のノリを良くするため、ベタつかないようにするために使われ、

 

主に、ファンデーション、リップ、乳液、アイシャドウなどに含まれています。

 

 

油と接着剤のような役割をしていると思ってください。

 

 

シリコンオイルは肌に影響するのか?

 

 

体にとって無害なシリコンであっても、多くの人が言っているように、肌に害はあるのでしょうか。

 

 

シリコンが入っていなくても、化粧をするということは、同じような事なのですが、

 

シリコンを肌に付けるということは、肌にふたをしているということになります。

 

 

直接は害がなくて、乾燥肌の人には保湿になっていいのかもしれませんが、

 

肌も呼吸しているので、肌にとって良い環境とは言えません。

 

 

特に、肌が弱い人などは注意してコスメも選びたい所です。

 

 

シリコンオイルが含まれるもの

 

 

先ほども少し上げましたが、多くのものに含まれます。

 

 

ファンデ、ウォータープルーフ、マスカラ、リップ、シャンプー、コンディショナー、日焼け止め、アイカラー、

 

チーク、ティッシュペーパー、柔軟剤

 

 

成分表に、ジメチコン、メチコン、シクロメチコン、シロキ、シリコン(シリコーン)、

 

などと書かれているものには、みんな入ってます。

 

 

シリコンオイルまとめ

 

 

 

シリコンオイルのいいところは、天然オイルに比べ、酸化もせず賞味期限が長い事でしょうか。

 

また、値段も安いので、多くの商品に取り扱われていますが、肌のことを思うと考え物ですね!

 

 

 

 

 

GIFアニメバナー