紫外線が皮膚に与える影響と『肌を守る』おすすめ紫外線対策

紫外線が肌に与えるダメージと効果的な紫外線対策について

 

正直、紫外線って聞くだけで、あまり良いイメージがしませんよね。

 

シミやしわの原因になり、肌の老化を早めてしまう・・・とかは聞いたことがあると思いますが、

 

実際に皮膚にとってどのような影響があるのでしょうか。

 

 

美肌の敵と言われる紫外線が、なぜ肌によくないのか?

 

具体的にどのような対策方法があるのか?

 

 

について紹介したいと思います。

 

 

 

紫外線とは?

 

 

紫外線とは太陽の光の一部です。

 

 

太陽の光には、目に見える可視光線、目に見えない赤外線と紫外線の3種類あります。

 

紫外線とは目に見えない日光とも言えます。

 

 

よく、化粧品などに書かれている、UVカットなどのUVのことで、「ウルトラバイオレット」の略語です。

 

 

紫外線の種類

 

 

紫外線を詳しく説明すると、3つの短い波長の光で出来ています。

 

それぞれUVA、UVB、UVCに分かれ、実際に地球に届くのはUVA、UVBと言われ、

 

それぞれこのような特徴を持ちます。

 

 

 

『UVA』(A波)窓ガラスを通過するほど強力

 

『UVB』(B波)雲・オゾン層に若干さえぎられる

 

『UVC』(C波)オゾン層を通過できなくかなり弱い

 

 

紫外線が肌に与える影響について

 

 

紫外線が、肌に与える影響として挙げられるのが、しわとかシミだったりしますよね。

 

それ以外にも、たるみや肌の老化、最悪皮膚がんの原因になってしまったり・・・

 

 

でも、日光には、体内でビタミンを作ってくれたり、体内時計をリセットしてくれたり悪い事ばかりではありませんが、

 

長時間、強い紫外線に当たるというのは肌にとって良いことばかりではありません。

 

 

例を上げると、海や日サロに行き日焼けをすると、肌が赤くはれてその後肌が黒くなりますよね。

 

これは、日光から肌を守るために、メラニン色素が作られているため起きる現象で、体の防衛反応から起こるものです。

 

 

4層に分かれている、肌の内側になるべくダメージを与えないように、

 

皮膚の外側にメラニン色素バリアを張って肌を守っているんです。

 

 

それだけ日光にはエネルギーがあり、肌にとって影響が大きく、出来るだけケアが必要ということになります。

 

 

紫外線に気おつけたい場所・時間

 

 

夏の暑い時に、日差しが強く紫外線強いな、と感じる事はあると思いますが、

 

実は、夏だけではなく、紫外線に気を付けなければいけない時期があったりします。

 

 

紫外線に注意したい時期

 

季節

注意度数

1月   50%       紫外線による影響が少ない時期
2月   50%       紫外線による影響が少ない時期
3月   50%       紫外線による影響が少ない時期
4月   60%       紫外線による影響が少ない時期
5月   80%       紫外線が強くなる時期
6月  100%      紫外線が特に強い時期 油断しやすい時期!!特に注意が必要
7月  100%      紫外線が特に強い時期
8月  100%      紫外線が特に強い時期
9月   80%       紫外線がまだ強い時期
10月   60%       紫外線による影響が少ない時期
11月   50%       紫外線による影響が少ない時期
12月   50%       紫外線による影響が少ない時期

 

 

時期以外にも、日が当たりやすい昼間の時間帯や、日差しの差し込む角度にも注意が必要で、

 

雨などが少なく、雲などの紫外線をさえぎるものが少ない地域は、さらに注意です。

 

 

地域で言えば、日本でも北海道と沖縄では、沖縄の方が平均して3倍以上も紫外線が強い時期もあります。

 

ただ、雪面は紫外線を反射しやすい、ということも覚えておいてください。

 

 

紫外線対策にはどんな方法があるのか?

 

 

紫外線対策としてこのような方法が有ります。

 

 

日焼け止めクリーム

 

日傘

 

コスメ

 

ビタミンを摂取

 

帽子をかぶる

 

衣服の色を変える

 

 

おすすめの紫外線対策方法!

 

 

普段からビタミン類を取り、肌の調子を整える事も大切ですが、

 

それ以外に、外出する時おすすめの紫外線対策方法です。

 

 

休日・お出かけ編

 

 

日焼け止めクリームをぬり、帽子(なるべくハット)をかぶり、

 

できるだけ薄い色の服装で出かけましょう。必要なひとは日傘もあるといいです。

 

 

出勤日編

 

 

UVカットのコスメを使い、折りたたみの日傘なんかがあるといいです。

 

また、仕事などで汗をかく場合などは、こまめに化粧を直すといいです。

 

 

紫外線対策まとめ

 

 

 

 

日光、紫外線は生命にっとって絶対に必要なものではありますが、美容の健康には良いとは言えません。

 

 

めんどくさかったり、忘れがちなことではありますが、UVに注意してもっと美意識を高めて行きましょう!

 

 

 

 

GIFアニメバナー